小さなお客さま

梅雨入りしたとはいえ雨が少なく、本日も気温は35℃を超えているとか…。
今年も蔵のみんなは異常な暑さを考慮しながらの仕込・手入れになりそうです。

さて、少し前の話になりますが、なるせ保育園ひまわり組の皆さんが蔵見学に来てくださいました。
今回は味噌の仕込み中ですので、味噌の作業工程を中心に見ていただきました。

小さな子供たち共通のことですが、お味噌もお醬油も身近なものでありながら何から出来ているかなどはよく分かりません。
まずは豆と米と塩、この3つから出来ていることを覚えてもらい、蒸かした大豆を食べてもらいました。
蒸かしただけなのに甘みがとても良く出るので、子供たちは「おいしい!!」を連発、小さな指先でつまんで満足そうに食べてくれました。

Dsc02529.jpg

木樽の大きさにびっくりしたり、見たこともない機械(それも最新ではない、古い古い機械(笑))を珍しそうに眺めたり、何を見ても反応が大きくて子供さんは本当に可愛らしいです

Dsc02532.jpg

Dsc02524.jpg


実は、大人の皆様も味噌・醤油の原材料をご存じない場合がありますので、小さいうちに目で見て、食べてみて、「そうだったのか!」…に繋がってくれれば私どもとしても嬉しいことです。
“食育”という言葉を最近よく耳にするようになりましたが、石孫の仕事がそのお役に立てれば幸いです。

07DUZE1V.jpg

後日、可愛らしいお手紙を頂きました!
みなさん「だいずがおいしかった」と書いてくださってます(笑)
美味しいお菓子はたくさん、直ぐに手に入りますが、蒸した大豆なんてなかなか食べる機会はないでしょうからね(^^)
大豆が‘ふわふわでおいしい’…という表現も私たちには新鮮なことでした♪

なるせ保育園のみなさん、有難うございました、またいつか遊びに来てくださいね!




※写真の一部を加工しております。ご了承いただけますようお願いいたします。
16:09 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
「ご当地バッグ」 | top | 東北六魂祭

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ishimago.blog51.fc2.com/tb.php/293-342addd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)