三越伊勢丹グローバルグリーンキャンペーン

IMG_1166.jpg

こちら、三越伊勢丹新宿店のショーウィンドウです。
木の箱、こちらは石孫の「糀蓋」。米麹を造るための道具で、普段使用しているものです。
こちらを貸して欲しいと御依頼を頂き、しかも「古い方がいい」とのことで、使っている中でも古くなってしまったものをお送りしました。

こんなに美しく変身するとは!!!

コピー・文章は、ずーっと昔に‘サライ’に掲載していただいて以来お世話になっている陸田幸枝先生。

IMG_1165.jpg

是非大きくしてお読み下さい。

写真は夜に撮ったもののようで、周りが黒いから余計に良く映えますね!!

IMG_1167.jpg

普段は「麹」と、こちらの字を使っておりますが、なるほど米の花。急に糀が‘箱入り娘’に見えてきました(笑)
しかし、麹を育てる作業の、手の掛け方は箱入り娘のそれと共通するものがあります。
蒸煮した米を丁寧に広げ、手でほぐし、糀蓋へ移し、石室の中で湿度や温度に気を配り、何度も手入れをして麹へと育っていきます。

文章内に‘カビ’とありますが、それがこれ。

DSC01550.jpg

よ-く見ると米の周りに菌糸が張り巡らされています。

石孫の蔵人も、普段は道具の1つでしかない糀蓋がこんなきれいに飾ってもらえるとは思いもよらず感心しきりでございました。

三越伊勢丹グローバルグリーンキャンペーンは5/12~5/26まで開催されております。
石孫の糀蓋は三越伊勢丹新宿店に展示されております。
どうぞ足をお運び下さい!

http://www.miguide.jp/ggc/index.html

直接見に行けない私どものために写真を撮ってくださり、掲載を快くお許し下さった
株式会社マド 田丸様はじめ関係者皆様に感謝いたします。

12:02 | 蔵日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
三越伊勢丹のショーウィンドウその2 | top | 「醤油本」

comments

# 先人の智恵
スピード時代の世の中
手間と時間をかけていつくしむということを
忘れがちですね

二度花を咲かす
なんて素敵なんでしょう!!

それには
まず、自分から大切に育てる気持ちに
なることが重要ですね

それは人間にもあてはまること…
自然から教えられること
忘れてしまったものに気づかせて
いただきありがとうございます

このような素敵な商品作りをお作りになる
会社の方々は
きっと素敵なひとばかりでしょうね
by: オソザキノハナ | 2015/05/14 19:15 | URL [編集] | page top↑
# オソザキノハナさま
コメント有難うございます!
大変嬉しいお言葉を頂き、本当に嬉しく存じております。

一度は効率化を図ろうとしたことがありましたが、ショーウィンドウのコピーをお書きになった睦田先生が蔵へいらしてサライへ掲載していただいて気持ちが変わり、残し、伝えることも大切な使命と考えるようになったそうです。

こんな美しく飾っていただいていますが、この糀蓋も現役の道具の1つで、決してオブジェではないのです。

皆様に「美味しい!」とのお言葉を頂くことが一番嬉しく、‘いつもの味’をいつも通りお届けできるよう、日々努力し、今後も精進いたします。
by: いしまご | 2015/05/15 14:43 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ishimago.blog51.fc2.com/tb.php/289-b2fcdaac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)