石孫、埋没

仕込みも出来ず、配達にも行けず…雪下ろしを頑張ったら、屋根の雪で一階部分が埋没しました
ただでも暗い作業場(蔵)は、夜と変わりません

あ、営業は平常通りですから、どうぞご遠慮なくご注文下さい


ご注文の電話を下さるお客様、皆さん「雪、すごいんでしょ?気をつけてね」とご心配下さいます。


ほんっとスゴいです。


百聞は一見にしかずとのことですので、どうぞ写真をご覧下さい。


では、石孫埋没劇場、始まり始まり。



1-19-1.jpg

ちなみに蔵の屋根です。住宅の二階より少し高い感じです。
屋根の上の蔵人たちは、平均身長173cmといったところでしょうか。
二階の軒下まで下ろした雪で埋まっていると言うことです…orz

1-19-2.jpg

中庭へ出るためのドアです。

出られません。


1-19-3.jpg

下ろした雪に、更に積もっていくんです…。

1-19-4.jpg

蔵の中の、豆とぎ用の木桶です。厚さ1センチほどの氷が張っていました


1-19-5.jpg

あー…あったかい…。

休憩室は薪ストーブなんですが、石油ヒーターとは比べものにならないあたたかさです。

1月から新人さんが入社したんですが、「オレ、雪下ろし以外の仕事、ほとんどやってないです…」って…

この大雪、2006年以来だそうですが…、ホント、いつまで続くやら
夏はとんでもない暑さだったし、冬はこんな大雪…。
こんな事も滅多にないと思います…。


11:53 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
仕込みが出来ないまま… | top | 特設サイト、オープン!!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ishimago.blog51.fc2.com/tb.php/193-d59a12cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)