看板の裏に

春先、暖かくなった頃、石孫の表看板の裏に鳥が巣を作りました。
しかし、またすぐに寒くなってしまったからか、看板の掛かっている裏のガラスが風でガタガタ鳴るのが気に入らなかったのか、半分巣をかけ、鳥はこなくなってしまいました。

先週の後半くらいでしょうか。
その鳥が、巣作りを再開し始めたのです♪

sekirei-02.jpg


一週間くらい様子を見ていますが、巣作りは順調。鳥はどうやらセキレイらしいと判明。
黄色いおなかを見せながら、せっせと枯れ草などを運んできます。

sekirei-01.jpg

看板の裏はガラスなので、事務所の中から巣作りの様子が見えるんです(笑)

そんなこととは知らず、一生懸命なセキレイ君。


では、ガラスがガタガタ鳴らないように詰め物でもしてやろうと、隙間テープなど用意してみたのですが、隙間テープではどうしようもなく、木製の窓枠を補強しなければいけないことがわかり、蔵の親方に頼んで、昨日やってもらったんです。



…というのが、ちょっと過保護だったんでしょうか、昨日からセキレイ君、巣に寄りつかなくなってしまいました

今朝、彼の声は外で聞こえているんですが、まだ巣に入ってくる様子はなく…。

外の様子を見てきたら、道路向かいの半鐘の上で様子見をしています(笑)

ゴメンね、セキレイ君、よかれと思ったことがどうもお節介だったのかな(^^;;;
でも、もうガタガタしないし、なんにもしないから、お嫁さん連れてきてきてください

10:44 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
看板裏の「巣」、その後 | top | 本日より通常営業です!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ishimago.blog51.fc2.com/tb.php/165-21823a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)