ホントに手造りしてるの?

家庭用仕込み生味噌最盛期、毎日大変忙しくしております!
有難うございます!

さて、石孫の商品は全部手造りを頑固に守っておりますが、ホントに手作業なの?と、
身近な人に尋ねられました。

ホントですっ!!

効率悪いくらいに手作業なんです

機械は米や大豆を蒸すもの…くらいしか思いつかないくらいなんです。
大豆や米をとぐのも人の作業、味噌や醤油を容器に詰めてレッテルを貼るのも手作業。

…大きな声では言えませんが、お客様がお店に来てから慌てて詰めたり貼ったりすることもあるくらいなんです

まず、蔵を建てたのが明治・大正の時代で、五つの蔵がすべて独立した建物になっているため
機械を設置することが不可能です。
仕込んだ味噌などを木桶に運ぶことくらい、ベルトコンベアだとかフォークリフトだとかを
使うんでしょう?…といわれますが、そんな大きな機械、入れられないんです

今日も蔵人のみんなは味噌の仕込みです。
…玄米味噌の仕込みの風景は、HPでも公開しております。
少しわかりにくいかも知れませんが、どうぞご覧下さい。

「籾発芽玄米仕込孫左エ門味噌」のバナーから入れます。
…が、直接仕込み風景が見られるページのリンクはこちらです(笑)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://ishimago.main.jp/genmai/gen-02.htm






12:07 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
御中元の準備、いかがですか? | top | クール便及び夏季のお味噌の保存について

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ishimago.blog51.fc2.com/tb.php/129-d8fdf2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)