仕込味噌ってなに?

ずーっと晴天続きでしたが、今日の秋田は時折雨がぱらつき、昨日までと比べると肌寒いです。

さて、最近「仕込味噌ってなんのこと?」と、お問い合せいただくことが増えました。
よく、自慢することを「手前味噌」と言いますが、仕込味噌とはまさにこの「手前味噌」のことなのです。
同じように作っても、各家庭に置くとその家独特の味が出るため、それぞれ味噌を自慢したことからこの言葉が生まれ、転じて自慢話のことになったようです。

田舎では、春になると一年分の味噌を、自分の家で煮るのですが、最近は‘自宅で煮る’というのがなかなか出来ないために、石孫では仕込みの段階をお任せいただいているのです。
そして、各家庭へ熟成前の段階でお届けし、ご家庭では夏場寝かせて発酵し、熟成させたものを秋以降に食べ始めます。
要するに、自分で育てるお味噌が仕込味噌というわけです。
この、発酵・熟成段階に、置いた場所によって独特の味が出るので、同じ日に同じ町内のお隣同士のお宅にお届けしても、少しずつ味が違うのです。不思議です!

石孫の味噌も、同じ蔵で熟成させているのに、桶によって色が違ったり、熟成の進み具合が違ったりします。それを‘桶癖’などと呼んでいます。

‘育てる’と言っても、そんなに難しいことはなく、お届けした状態で適切な場所に置いておくだけ。
発酵過程で汁が上がったり、独特のニオイが出るので「腐ってる!?」と、ご連絡いただくことがありますが、塩分や、元々含まれる酵母たちが働いて、防腐剤などの添加物は一切使用しなくても腐ることはありません。

アパートなどで暮らしておいでの場合、流しの下の収納スペースや、床下に物入れのある場合、その中に置いてもらえるといいと思います。
直射日光の当たる場所や、温度の上がらない場所は適しません(><)

家庭で作れる‘天然醸造味噌’こそ仕込味噌。
これから6月中旬まで仕込みが続きます。
地元ばかりでなく、全国への発送も承っておりますので、お気軽にお声掛け下さい!

お値段など、詳細をこの下に追記いたしますので、ご覧下さい!

<<石孫の仕込味噌>>

仕込味噌は届いて直ぐに食べられるお味噌ではありません。
届いてから夏を越し熟成させて、食べ頃になるのは暖かい地域では10月頃になります。
このようにお届けしてから食べられるまでに時間が掛かることと、多少のお手間を掛けてしまいますので、お値段は製品よりもお安く設定されています。


甘口 20麹味噌

米麹の量が豆の2倍入った、甘口の味噌です。
製品としては「吟醸孫左エ門味噌」が、これにあたります。
1㎏あたりのお値段 … \360


中甘口 12麹味噌

米麹の量が豆の1.2倍入った、中甘口の味噌です。
製品としては「特上石孫味噌」が、これにあたります。
1㎏あたりのお値段 … \330

発酵の力を考え、10kgから承っております。
それより少ない量になりますと、発酵の力が弱くなり、美味しく出来上がらないことがあるのであまり少ない量はお勧めできません


インターネットからお申込みいただく場合は

ishimago@gray.plala.or.jp

上記メールアドレスに、件名を「仕込味噌」としていただき、

① 甘口  または 中甘口

②数量(10kg以上から)

③お名前

④お届け先ご住所

⑤お電話番号

上記5項目をお知らせ下さい。


お届け可能時期は6月下旬となります。お支払いはお品物に郵便振替用紙を同封いたします。


ご不明な点はご遠慮なくお尋ね下さい!
0183-73-2901 ( 9:00~17:00 月~金曜日 )
ishimago@gray.plala.or.jp



12:03 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
毎年恒例「わらび+たまり」 | top | 通常営業いたしております

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ishimago.blog51.fc2.com/tb.php/124-73168c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)