仕込生味噌、そろそろ食べ頃です

昭和30年の広告

石孫では、春に家庭用の味噌の仕込みをします。
ホームページの「石孫の歴史」のページでも少し触れていますが、
昔は各家庭で自家用味噌を煮ていました。
しかしなかなか家で作るのは大変ですから、仕込みの部分を石孫で請け負っているのが「仕込生味噌」です。
各家庭で食べる一年分の味噌を春に仕込み、秋の彼岸が明ける頃まで熟成させてから食べるのです。

その仕込生味噌、そろそろ食べ頃です

春にお届けしたお客様、蓋を開けてみてください♪
山吹色の良いお味噌になっておりますように!
10:12 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
小学生町探検 | top | 稲刈り

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ishimago.blog51.fc2.com/tb.php/10-c7931804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)