「やまもとようこのマクロビーノライフ」

酒蔵の味噌」の麹を造った酒蔵‘日の丸醸造’の社長さんと一緒においで下さった山本洋子さんが、その時の様子をご自分のブログでご紹介下さいました。

http://ishimago.main.jp/sakagura/sakagura.htm

拝見して真っ先に、

「…?…これ、ウチの麹室?」

思わずみんなに確かめてしまうほどきれいな写真!

それもそのはず、かの「オレンジページ」の編集に長い間携わってこられた方なのです。
写真の撮り方はもちろん、アングルと言いますか、とにかく余計なものは撮らず、伝えたいものに焦点がビシッと合っているんです。

こんな古い蔵がよくもここまできれいに写るもんだね、と感激!


やまもとようこのマクロビーノライフ

山本さんが実際にご覧になったもの、体験されたものを綴っておられます。
魅力満載です、石孫の記事ばかりでなく、是非ご覧頂きたいと思います。




個人的にはこのページが気に入って、うっとりと眺めてしまいました…♪仕事中に拝見したので、大きな声では言えません…(笑)

http://www.yohkoyama.com/archives/12220


12:04 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

年末年始のお知らせ

いつも石孫インターネット店をご利用いただきまして誠に有難うございます!

年末年始休業につきまして下記の通りと致しますので、宜しくお願い申し上げます。


。.・.*゚。.・。.・∴.。.☆。.・∵.*゚。.・。.*。.・.゜¨‥∴☆。.*。

<年内最終受付>

 12月28日(月) 正午まで

<休業期間>

平成21年12月30日(水)~平成22年1月6日(水)


。.・.*゚。.・。.・∴.。.☆。.・∵.*゚。.・。.*。.・.゜¨‥∴☆。.*。


この間にいただきましたご注文は営業開始日から順にご対応致します。ご了承ください。


大変ご不便をお掛けいたします。

14:55 | ショップお知らせ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雪景色

初雪が降り、…その後一度降りましたが、穏やかな日が続いておりました。

…が、遂に来ました、本格的に降っています。


寒いです。


石孫の前

降り始めだし…、なんて油断して運転したら意外と道路は凍結、結構滑りました(--;;;

これだけ降らずにラクをしたので、そろそろ諦めなければいけないかも知れないです…。


お電話を下さったお客様も、「十二月なのにいつもと比べて寒くないもんだから、どうも実感がわかない」とおっしゃっておいででした。
確かにそうですね、こんなに雪が少なく、上着もいつもより薄いもので済んでいるので、年の瀬という感じはしません。
…実感わかないから年賀状も買っただけで仕度が出来てません

元旦に届くように頑張らなければ!!

10:25 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

贈りもの特設ページ開設!

ついに今年も残り一ヶ月…。は、早いですね…(><)

お陰様でいしまごも忙しく過ごさせていただいておりまして、御歳暮・御年始にお使いいただけるセット商品のご案内ページをようやく開設いたしました

「石孫の贈りもの」特設ページはこちら!

携帯電話等のモバイルからはこちらからどうぞ♪

毎年好評の定番セットの他に、今年は新たに3つのセットをご用意いたしました。

新商品「寒仕込み 雪見蔵」、「天然醸造再仕込醤油 芳寿」を含めてあります。

。.・.*゚。.・。.・∴.。.☆。.・∵.*゚。.・。.*。.・.゜¨‥∴☆。.*。

「雪見蔵」とは、空気が一番澄み、気温も麹作りに最適な‘寒’に仕込んだ、米麹を大豆の3倍と贅沢な甘口に仕上げたお味噌です。
石孫のお味噌では、一番の甘口。お味噌汁にはもちろんですが、そのまま野菜などにつけて食べても美味しくお召し上がり頂けます。

そして、ご贈答用に作った石孫で最も高級なお醤油「芳寿」
百寿と同じ製法で一年かけて作ったお醤油を水代わりに、小麦・大豆を麹にしたものともう一度仕込んで更に一年。
熟成に二年かけた‘再仕込醤油’です。
濃厚で丸みのある味わいに、その名の通り芳醇な香りが特徴です。

。.・.*゚。.・。.・∴.。.☆。.・∵.*゚。.・。.*。.・.゜¨‥∴☆。.*。

「雪見蔵」はインターネット販売も予定しております。準備が整い次第石孫インターネットショップに掲載いたします、今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。
“待ちきれない!”という方は、電話・FAX・メールにて承りますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

12:00 | ショップお知らせ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑