イナバウアー?




麹室(こうじむろ)の天井がぼろぼろになってきたので(笑)、
仕込みが始まる前に修繕しました。
台に上がると天井が低く、台から降りると届かない…
なので、みんな揃ってイナバウアー未満(謎)

次の日、みんな揃って首と腰の痛みを訴えていました(^^;)

10:18 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

自分で味噌を育てませんか?

春になると、毎年‘仕込生味噌の準備で忙しくなります。
石孫の一年で一番忙しい時期とも言えます。

‘仕込生味噌とは、大豆や麹などの原材料を石孫で仕込み、ご自宅で秋まで置いて熟成させるというものです。

不思議なもので、同じ材料を同じ配合でお隣同士に届けても、全く違う味噌が出来るんです。
届いてから秋までじっくり待って、無添加天然醸造のお家自慢の、いわゆる‘手前味噌’を造るわけです。

お取り寄せで完成品を召し上がっていただくのももちろん、石孫の自慢の味噌ですから(笑)美味しいかと思いますが、ご自分で育てた味噌を味わってみるのも楽しいかと思います♪

ご案内のページをただいま作成中!
開設しましたらご案内いたしますので、どうぞ一度ご覧になってみて下さい
09:45 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「みそたまり」ってどう使う?

お客様からのお電話でみそたまりってどうやって使うの?」と、ご質問を頂きます。
正直、私も石孫に勤めるまでは縁のなかった調味料でした。
以前の記事でも、ちょっと触れたことがありましたが、
これがなかなか使えるんです♪

基本的にはお醤油と同じようにもお使いいただけますが、味も香りも全然違います。
香りはやはり味噌の香り。みそたまりとは、味噌からしみ出してくるうま味エキスなのです。
時々「味噌に水みたいなのが浮いている」と、お電話いただきますが、これが‘みそたまり’なのです。
この、味噌に浮いたものをそのまま容器に詰めても、石孫の味噌天然醸造で酵母が生きておりますから、発酵が進み膨張、やがては破裂してしまいます。
試行錯誤を重ね、再仕込みすることによって、保存料を使用せず、いつでもお出しできる商品に仕上げることが出来ました。

さて、ココがミソ!
味噌をつかった料理で味噌を伸ばすとき、おそらくお酒やみりん、または醤油を使うと思いますが、このみそたまりを使ってみてください。
味噌の風味や香りがそのまま保たれます。
その後、他の調味料でお好みの味に整えてください

お吸い物など、あんまり色を付けたくない料理にも活躍します。
醤油のように濃い色ではありませんから、より透明度のあるつゆが出来上がります
秋田では稲庭うどんによく使われています。

私がよく使うのはお肉料理。
ショウガ焼きにするとき、みそたまりとお酒、ショウガ、それにごま油と砂糖を少し入れてタレを作ります。
これに豚肉を漬け込んでから焼くと、お肉がやわらかく焼き上がります。
ニンニク味噌焼きの時には、みそたまりで味噌を伸ばします。
味噌は我が家では吟醸孫左エ門味噌♪甘口で美味しいです(笑)
味噌をみそたまりで伸ばしてやわらかくし、すりおろしニンニク、酒・砂糖・ごま油をボールに合わせ、お肉を入れて揉むように混ぜ、空気が入らないようにラップをお肉にぴったりとかけて、なじませてから焼きます。
タマネギ、にんじん、キャベツなどを一緒に混ぜると野菜も美味しく食べられます。

このように、みそたまりは主役にも脇役にも大活躍の調味料なんです。

無添加天然醸造、石孫の「みそたまり」を、一度お試しいただきたいと思います!

10:16 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

平常営業開始いたしました

新年おめでとうございます。

年末年始休業が終わり、本日より営業を開始しております。
大変長い間お休みさせていただき、ご不便をお掛けいたしました。
ご注文いただきました商品は、順次発送いたしております。

今年も健康に良く、グルメな方々にも満足いただけるおいしいお味噌・お醤油をお届けできるよう、より一層努力して参りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、秋田のお正月は良い天気が続き、穏やかに過ごすことが出来ました。
先週末くらいから荒れ始め、雷に暴風、雨が吹き付けて大変でした
この暴風で屋根が飛んだり、大きな被害が出ておりましたね。
それでも今朝までそれほどの雪は降っていません。今季は雪が少ないんです、去年の豪雪が嘘のよう。
どうやら東北よりも信州の方が雪が多いような。。。
県内のスキー場は暖冬のせいで開店休業状態、これまた不景気な話ばかりが聞こえます。

…新年早々、こんな話はまずいですね
新年といえば箱根駅伝!
私は大好きで毎年感動しながら、テレビに釘付けになります!
勝って全身で喜びを表現したり、悔しくて人目もかまわず涙を流せると言うことは、そこに至るまでに重ねた努力が“本物”だったという証明なんでしょう。
何か一つのことに一生懸命になっている選手の姿はとても清々しいものです(><)

新しい年、充実した年になるよう、気を引き締めてスタートしたいと思います!
11:21 | 蔵日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑