完成したようですよ!

先日、期間限定石孫大工さんがしていた仕事。
どうやら完成の様子。
声が聞こえるので出てみたら、親方と勝手に商品開発部長が工具を持ってあーでもない、こーでもない、とやっていました。

0906-07.jpg

その後、蔵の方に回ってみると、
0906-06.jpg 

あの細長い木材がこんな風になっていて、


0906-03.jpg 0906-05.jpg0906-04.jpg


じゃじゃーーーーーん♪
0906-01.jpg 

出来ましたーーー!!!

醤油も味噌も造れる大工さんは蔵の外装も自分たちで直してきました♪
今流行のリノベーションってヤツでしょうか?(笑)

0907-01.jpg 

0907-02.jpg

そして、こちらが現在の写真!
0906-01.jpg 

実物を見ながら遊びにいらして下さい!

13:57 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

なにが出来るか、お楽しみ。

夏、石孫の杜氏たちは、職業が変わります(笑)
畑に行って作物の世話をしたり(みそ漬け用のナスや、大根を育てています)、蔵や道具の傷んだ箇所を直したり。

ある日。
蔵の裏口へ行くと。



…臭う。

正体はこれ。

0904-02.jpg 0904-01.jpg

何か塗ってるには違いないけど、なんだろう…。

0904-03.jpg 

これか。

細長い材木が塗装されていました。
外に出ると。

0904-04.jpg

いっぱいありました。


翌日、塗装した材木には釘も打ち付けてありました。

0904-05.jpg

……ウチの蔵人は、何をしているのでしょうか。

乞うご期待!!!!!





11:47 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

とらやの「あの限定商品」が再販中!

お菓子の老舗「とらや」さんが、石孫の「寒仕込み雪見蔵」を使って期間限定でお菓子を作ったのは2012年3月のことでした。
とらやの職人さんが石孫においでになり、その場で菓子を作る。
この先も、こんな貴重な体験をさせていただくことなど滅多にないと思っております。

2012-0323.jpg 

そのときのお菓子「味噌黒米餅(みそくろまいもち)」がこの度再販されているのです!!

<虎屋様ホームページより抜粋>↓↓
当ギャラリーは、東京ミッドタウンとともに10周年を迎えることができました。本展では、5周年時(2012年)に開催した展示「ギャラリーの記憶」につづき、2012年以降に開催された14回の企画展をご紹介いたします。これまでの企画展を振り返りながら、日本文化の良さを感じて頂けましたら幸いです。

文章をお借りしましたが、上記が概要です。
雪見蔵を使ったお菓子「味噌黒米餅」は8月16日(水)~31日(木)の期間限定販売です。

そのほかにも限定販売されているお菓子、そのお菓子が作られた企画の展示があるようです。
ぜひ足をお運び下さい♪


11:57 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏季休業のお知らせ

毎度ご愛顧いただき誠にありがとうございます。
毎年ぎりぎりになってから申し訳ございません(><)
下記日程で夏季休業を頂きますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
8月11日(金・祝)~16日(水) 祝日・お盆のため休業
休業前ご注文受付:8月10日(木)正午まで

この間は発送が出来ません、何卒ご容赦下さいませ。
ご注文はお受けできますが、発送は8/17以降となります。
注文確認メール・お問合せへのご返信も8/17以降となります。
*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

到着希望日が上記期間の場合、予めご指定いただきましたらお届け可能です。
8/10正午までご注文下さい。


14:52 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

石孫産じゃがいも!

20170805-1.jpg20170805-2.jpg

今年もごろごろ・・・
石孫の畑から大中小いっっっっぱいじゃがいもとれました!
こんなにとれるなら夏休みの娘にも収穫体験させれば良かったとちょっと後悔・・・
同じく石孫産ナスも毎日のように収穫しては塩漬けになっております。

さて今日から湯沢七夕絵どうろう祭りが始まりました。湯沢のメインストリートはきれいな絵どうろうが飾られております。(8月7日まで開催です)
2016 湯沢七夕 (2) 2016 湯沢七夕
16:37 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑