オンライン蔵見学「醤油編」!

今年の冬は予想が外れたようで暖冬、蔵の洗い場の木桶に氷が張ることもありませんでした。
雪も少なく、いつもは3回も行う屋根の雪下ろしも1回で済みました。

さて。
そんな石孫の蔵は、もう少し醤油の仕込が続き、次は味噌。味噌の仕込が始まると本格的に春が来た感じがするのですが、あと少し先になりそうです。

伝統製法で…」と、石孫では商品紹介に枕詞としてよく使いますが、言葉で説明してもなかなか伝わらないと言いますか、想像が付きにくいものですので、ほんの一部ですが写真で紹介致します。
オンライン蔵見学「醤油編」の始まりはじまりー(笑)

2017-03-17 (6) 

こちらは麦炒り機。レンガ積み、燃料は石炭です。
石炭を燃料とする麦炒り機は日本中を探しても数機しか現存せず、現役として稼働しているところは更に少ないとのこと。大正時代に最新装置だった石孫の麦炒り機。
昭和を過ぎ、平成も二十数年、さすがの最新装置もいつの間にか最古となっておりましたが、これを聞いて数年前に大規模改修を行いました。まず、レンガ積みの職人さんを見つけるのに苦労し、しかし、伝統の技術を残すことも仕事のひとつと諦めずに探し、作り直しました。(ほぼ新品です!)

炒った麦を大豆と合わせ、醤油の元になる麹を作ります。皆さんがよく知っているのは米の麹かも知れませんがこちらは大豆と麦から出来上がります。
2017-03-17 (2) 
木のお盆のようなもの、こちらは天然杉で作られた‘麹蓋(こうじぶた)’という、こちらも古い道具です。一度に300枚ほどの麹蓋を使うのですが、1枚1枚、ちょうどの量を敷くように入れ、石造りの‘麹室(こうじむろ)’に入れていきます。
2017-03-17 (3) 

床の真ん中に穴がありますが、ここには温度調節のための炭を入れます。

2017-03-17 (1) 
炭焼き小屋で作ってもらった炭を、麹蓋に醤油麹を移す作業をしながら真っ赤に熾しておき、この、床の穴に入れるのですが、ただ、この炭を置いただけでは燃え尽きてしまい、長持ちしません。
そのために、稲藁を焼いて炭にしたものをかぶせておくのです。
これを‘埋み火(うずみび)’と言います。
この、埋み火用の藁を焼く作業が、醤油造りで最も派手で、見学においで下さった方々も一番喜ぶ瞬間です。
最近は農業も機械化が進み、稲藁を手に入れることもとても難しくなってきました。稲を手刈りする農家はほとんどないのです。
その、私たちが「火の鳥」と呼んでいるシーンがこちら!

2017-03-17 (5) 

今日は翼が撮れませんでしたが、時に鳳凰のような炎が見られます。
こうして燃やした藁炭を先ほどの木の炭に蓋のようにかぶせ、炭が一気に燃えつきないようにするのです。
この、温度管理は昼夜を問わず行います。夜中も数回、奥さん(社長)とKちゃん(専務)が起きては麹室の中の温度を確認し、熱すぎたら天窓を開け、下がりすぎないようタイミングを見て閉め…を繰り返し、四日目にようやく麹室から出します。
2017-03-17 (7) 
麹蓋に入れるときは大豆の色(ベージュ色)をしていましたが、出てくると緑がかった黄色になっています。
これを、1枚ずつ取り出し、
2017-03-17 (8) 
醤油蔵の巨大な天然杉桶に運ぶのです。
もちろん、運ぶのも人の手。ベルトコンベアなどありませんので、5tほどの桶がいっぱいになるまでひたすら運びます。
2017-03-17 (9) 

2017-03-17 (10) 

石孫の作業場は、明治・大正期に建造された蔵をそのまま現在も使い続けており、蔵は一棟ずつ独立しています。なので、ベルトコンベアなどの大きな機械を入れることは出来ませんし、なにより、このようなやり方で造り続けていくことに意義を感じております。

「手造りって言ったって、ホントは機械でやってるんでしょ?」
などと思われることももしかしたらあるかも知れません。
しかし、私たちは堂々と「正真正銘の手造りです」とお答えすることが出来ますし、生きている蔵をお見せすることが出来ます。
先ほども書きましたが、伝統を後世に伝えることも私たちの仕事のひとつですので、今後もみんなでこの蔵を守っていきたいと思います。


.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.

【蔵見学に付きまして】
あまり大きな蔵ではございませんので一度に大勢は難しいですが、15人ほどを限度に蔵見学もお引き受けできます。
まずはお問い合わせ下さい♪
●夏は仕込んだ味噌や醤油の熟成期間ですので、仕込作業はご覧頂けません。
●見学にお越しになる際は、納豆・ミカンは厳禁となっております!
●お問合せ先 TEL : 0183-73-2901 
       E-mail : infoishimago1855@gmail.com (お問合せ専用)

.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:.




16:10 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

道の駅うごに「中華そばしながわ」期間限定オープン!

basso.jpg 
道の駅うご「端縫いの郷」さんがアップした写真をお借りしてしまいました
大ニュースなのです!!
写真をご覧いただければ一目瞭然ですが、しながわさんが遂に故郷に錦を飾られるのです!
店主の品川さんが、現在のバッソドリルマンの前身である「中華そばゼットン」で営業されていた時に石孫の百寿をスープにお使い下さって、それが百寿で作るラーメンスープの第一号でした。
おそば屋さんはお客様にいらっしゃったのですが、ラーメン屋さんは初めてで嬉しい反面心配もいたしましたが、そこからの品川さんの快進撃ときたら、眩しいくらいでした

バッソドリルマンは連日行列の出来る大繁盛店へ、そこからご自分のこだわりのお店として「しながわ」を、ドリルマンで修行を重ねたお弟子さんたちが独り立ちしたのが「なな蓮」で、こちらも大繁盛!
そんな美味しいラーメンを作り続けた品川さんが、地元羽後町に凱旋されるのです!!

2/24(金)~26(日)の3日間限定ですが、どうぞお出かけ下さい!!





15:57 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「今季最大の寒気」…

久しぶりの更新になりました。
タイトルに書きましたこの言葉、この冬、何度か耳にいたしましたね。
そのたびに心配したり慌てたりしましたが、秋田はそれほどの雪がないのです。
鳥取県での立ち往生など、西日本の方が大変なことになっていて、むしろ湯沢は雪が少なくて楽な冬を過ごしているのです。

いつぞや(数年前)は屋根の雪が2m近いことがあったのですが、今年は雪下ろしも一、二度で済んでいますし、朝の雪かきにも苦労していません。
雪に慣れていない地域の皆様にしてみたら、「これで少ないんですか!?」というような積雪なのかも知れないのですが、県内屈指の豪雪地帯の私たちにしてみたら楽な冬なのです。

2月も半ば。
このまま過ぎてくれるといいのですが…。
油断せずに過ごします。


それより、花粉症が早く来ている気がしてなりません。
朝から私も奥さんもティッシュペーパーを、争うように使っています

15:59 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新年第一弾!

お正月らしさは既に過ぎ去ってしまいましたが、
本年もいしまごをどうぞご愛顧くださいますよう宜しくお願いします!

今年の冬は雪が少なくていいなー…などと言っていましたら、皆様ニュース等でご覧になったかも知れませんが、いきなり本気で降り始めました。

朝起きましたら…

IMG_3027.jpg 

近所の工務店さんの産廃ボックスの蓋の上がΣ(゚д゚|||)

一晩でこんなに積もるんですよ!!…残念ながら、このくらいだと慣れてますが。
慣れているとはいえ困ります!!

この調子で降られたらほんと、困るねー(-_-;; と言いながら仕事をしておりますと、
午後になったら急に外が賑やかに。
IMG_3028.jpg 

お!!!正義の味方!!
今年、岩崎は工事の都合とかで流雪溝が使用できません。
なので、きっと今年はまめに除雪をしてくれるのではないでしょうか♪

そして、上の写真を撮ってから10分経たない内、もう一度撮影しましたらこの雪!!

Img_0001.jpg Img_0002.jpg

除雪、お疲れ様です、ありがとうございます!!

この週末、大学のセンター試験もあるので、あんまり荒れないで欲しいです(><)


16:04 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「秋田びじょんプラスプラス」にて金の蔵プレゼント

「秋田びじょんプラスプラス」とは、秋田県の広報テレビ番組です。
佐竹知事が、秋田ゆかりのゲストと対談し、秋田県の民放3局で放映されています。

今回は内館牧子先生との対談。
内館先生と言いますと、石孫の奥さんが偶然新幹線で隣の席になり、奥さんが持っていた石孫の帆前掛けバッグを褒めて下さり、ずーっと後になってからこの出来事を新聞のコラムにお書きになりました。
内館先生は、「秋田が元々持っている資源・潜在能力を、もっと磨き上げて力を発揮すべき」と、コラムにて力説されておりますが、この度の「秋田びじょんプラスプラス」でもテーマは、「秋田をどう元気にするか」です。

そこで、秋田の能力の代表格である「農業」「米どころ」を最大限生かし、今年度最も力を入れたのが‘金のいぶき’玄米の栽培と、この優れた玄米を使った加工品の開発・販売。
金のいぶきを使った初めての加工品が「石孫の金の蔵」で、バッグでもご縁の繋がった内館牧子先生がゲストであったことで、金の蔵が視聴者プレゼントとして採用されました。

放映時間は下記の通りです、どうぞ皆様ご覧下さい!

【秋田県広報番組「秋田びじょんプラスプラス」】
平成29年1月2日(月) 17:45~18:00 AAB 秋田朝日放送
     1月3日(火) 11:35~11:50 AKT 秋田テレビ
     1月3日(火) 16:55~17:10 ABS 秋田放送

石孫HPでもお知らせしておりますが、「石孫の金の蔵」は既に完売してしまいましたので、少しでも早くご賞味いただくチャンスです!

ただいまお売りできる分はなくなってしまいましたが、もろちん今後の販売分は仕込んであり、ただいま蔵にて熟成中です。
十分に熟成できましたら再販いたしますので、どうか楽しみにお待ち下さい。


15:46 | 蔵日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑